2020年の投資方針

株式

今回は、2020年にどのように資産形成をしていくかをお話したいと思います。

2019年は、振り返ってみれば『チャレンジ』の年でしたが、今年は『コツコツ資産形成』の年になるかなと思っています。

昨年の米国株の運用結果については下記に記載しておりますのでぜひご覧下さい。

2019年と2020年の余剰資産の違い

そもそも、『2019年→チャレンジ』『2020年→コツコツ』となるのか、そこに違いについて述べていきます

2019年(具体的には2018年12月)は、それまで貯めていた現金資産の8割超(5百万以上)を資産運用の種銭とした、(我が家としては)大チャレンジをした年でした。

結果として、それまでの積立の加え、多くの事にチャレンジできました。

  • 米国株
  • FX(自動売買/スワップポイント積立)
  • 仮想通貨(FXもしたが撤退→少額ガチホ民となる)
  • ロボアドバイザー(数か月で撤退。資金は米国株に振り向ける)

このチャレンジのおかげで2019年は、『なぜ株価/為替が動くのか』を調べるようになり、結果的に国内外で起こっている事』に注意を払うようになりました。

そういった意味で2019年は自身の知識の幅が非常に広がった年となりました。

(仮想通貨以外は)相場の上昇と相まってだいぶリターンも得られているので、かなり好調といっていいでしょう笑

一方、2020年は

『子どもが生まれるため、出費が多く最低限の積立をする』終了。笑

子ども生まれてくるの楽しみです。笑

2020年投資銘柄(積立編)

積立(インデックス/ETF銘柄)において私は方針は『Twitter等の情報収集でおすすめ判断できるものを買う』と『自身で投資したいと思うものを買う』『色々購入してみる』です。個別銘柄と違い、市場/セクター全体に投資するので大きな失敗もないと思い、とにかく色々たくさん買ってみよう!という個人の欲望が反映されたものになってます。笑

この後見ていただければ分かると思いますが『こんなに銘柄増やす必要ある?』というくらい積み立ててます。確かにそうだと思います。笑

積立NISA枠(夫婦で¥66,666/月)

選定理由:

1,2はアメリカ株が好きなので。笑
あとは何だかんだアメリカは継続的な株式市場成長が見込まれるからです。(過去50年の平均利回り7%の実績)
どちらかにまとめても良いのかとは思いますが、そこは私の趣味で分けています。気持ち的に分散していたい、程度の考えです。

3は、興味枠ですね。アクティブファンドで手数料も高めですが、どこまでのパフォーマンスをい出してくれるか楽しみです。今のところ、1-3は同じくらいの含み益10%程度です。

本当はひふみワールドプラスと併用したかったのですが、積立NISAでは取り扱いをしていないようです。残念

4,5は1-3の設定後数か月後に設定しました。『色々購入する』という観点で選びました。5は株式だけでないバランス型もいれたいなと思い入れています。

その他積立枠

選定理由:

6は昨年秋頃から継続しているETFです。高配当銘柄を探している際に『利回り4%超のETF』という事で惹かれて購入しました。昨年末に初の配当金($7.52)をゲットしたのでこれからの配当金積上げ→再投資が楽しみです。

7はつい先日開設した楽天証券で楽天カード決済を利用するため設定したものです。既に1で米国株式は設定しているので、今度は全世界株式としました。これで500楽天ポイント/月が得られるので、実質的に利回り+1%となります。楽天すごい。。。

2020年投資銘柄(個別銘柄編)

個別銘柄はあまり積極的に投資しません。基本は配当金再投資でいきます。

ただ、買いたい銘柄も出てきているんですよね。人の欲望は際限ないですね。笑

高配当銘柄のABBV/ARCCあたりは株価を見てチャンスがあれば購入したいと思います。(とはいえ様子見で数株程度)

(補足)参考にしたいけど銘柄多すぎだよ!という人へ

銘柄が多いのは完全に私の趣味で最適解ではないですからね。笑
もし、2銘柄で始めるとしたら下記です。

(本命)1あるいは2
迷ったらアメリカ。1,2にほとんど違いはないので、コイントスで決めるくらいの適当さでも問題ないかと思います。笑
(次点)5
2銘柄目は、バランスの良い8資産均等型がベター。リターン大きくないですが、大きな暴落もないでしょう。

最後に

ここまで書いて思ったのですが、積立の総額は『¥152,666』という事で結構積みあがってますね。。途中で(家計的に)力尽きたら6,7あたりから積立額減らしていこうかと思ってます。泣

ポチっと押していただけると嬉しいです(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと押していただけると嬉しいです(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ


株式 資産運用
シェアする
muscle-investorをフォローする

PVアクセスランキング にほんブログ村

筋肉と資産の運用blog

コメント

  1. […] […]

  2. […] 『①米国株式編』とは少し理由は違います。 […]

タイトルとURLをコピーしました