ポートフォリオ改造計画③(心得編)

ポートフォリオ改造計画③(心得編) 株式

マッスルインベスターX(@muscleinvestorx)です

今回が最終回です!
『①(米国株式編)』『②(投資信託編)』でポートフォリオの組み換えについて検討しました。

3回目の今回は、検討したポートフォリオを運用するための心得について書いていきたいと思います。

心得①自分の方針を信じる

過去2回の記事で、『最小の労力/ストレスでそれなりのリターン』を目指すとして、私の今後の買い付け方針はこのようになりました。

・保有銘柄はETF中心、QQQ/VIGとする。(そのほか趣味枠ETFでSPYD)
・現在保有中の個別銘柄は相場を見ながら売却する(一部は趣味枠で残す)

ポートフォリオ改造計画①(米国株式編) より

ETF選定理由ですが

・GAFAMやこれから訪れる5Gに必須な企業(Ciscoとか)を含む、まだまだ伸びるであろうQQQ。
・連続増配という観点で安定性/今後の成長性高い企業を集めたVIG

FWとDFみたいなETFを選定しました!

ポートフォリオ改造計画①(米国株式編) より

・資本主義を信じてアメリカ万歳SP500と全世界をグロース枠主力2トップとする
・8資産均等はポートフォリオのバランサー枠
・ひふみんは趣味枠。

ポートフォリオ改造計画②(投資信託編) より

この運用であれば、『ある程度下落の体制もありつつ(主にVIGと8資産均等)リターンも狙える(QQQ/SP500/全世界)ポートフォリオ』にできたと思います。

色々な投資方針や資金力があるので正解はないですか、ひとまずこの方針は私にとって『最小の労力/ストレスでそれなりのリターン』を達成する最善の手であり、現時点での正解です。

『方針』『方針を達成するための銘柄』『銘柄を選んだ理由』があれば、自分の中に一本筋が通り、それを拠り所として日々の相場に向き合えます。

ここまでの心構えができれば、少しの相場の上下で狼狽える事はありません。

また、twitterの優秀な方の銘柄分析を見て、『これいいな!』と思って浮気する事もないでしょう。今までの私は方針無しで雰囲気で投資していたので浮気しまくりでした。笑

心得②自分の方針に固執しない

早速自己否定です。笑
でもこれは矛盾させている訳ではありません。

①の通り、方針を信じる事で『相場/環境変動に狼狽えない』事ができると思います。ただ、それは『どんな事があっても方針を変えない』事ではないです。

変化の激しいこの時代です。情報は積極的に収集し、方針に大きな影響を及ぼす事態になるようなら変更する事も視野に入れる必要があります。

とはいえ、今のところ(少なくともここ5-10年は)変更する必要はないと思います。
あるとすれば、グロース枠とした(セクターの偏る)QQQのリターンが落ち込んできた場合くらいでしょうか。

右肩上がり前提の資本主義の終焉が来ない限り、ほぼほぼこのポートフォリオで問題はないと思います。

※もちろん、リバランスは適宜していきます。

(参考)運用していく上での素敵な名言たち

『運用成績の良かった人は”亡くなっている人”、”運用を忘れている人”』

『航路を守る』

様々な情報が飛び交いますが、下手に動く事を抑えて市場に寄り添っていきたいと思います!

ポチっと押していただけると嬉しいです(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと押していただけると嬉しいです(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ


株式 資産運用
シェアする
muscle-investorをフォローする

PVアクセスランキング にほんブログ村

筋肉と資産の運用blog

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました