暴落時の対応の振り返りと得たこと(暫定版)

FX(自動売買)

※追記部分は(X/XX追記ここから/ここまで)と記載しております!

マッスルインベスターX(@muscleinvestorX)です。

ここ数週間は私だけでなく、Twitterでよく話をしている方々にとっても非常にエキサイティングな期間であると思います。(良い意味でも、悪い意味でも、、、)

私はというと、悪い意味よりでエキサイティングです。泣
個人的に振り返る事も結構あると思っているので、ここで一旦このコロナショックでの自分での行動と、どうすべきであったかを書いていきます。

失敗としては、単純にこれに尽きます。

・FX/CFDの資金管理が甘かった(レバレッジをどの程度に設定するか

以下に各運用の状況を細かく記載していきます。

※今回は暫定版として記載しています。今後の対応で気づきがでた場合は都度記載していきたいと思います。

私の各運用状況

国内外株

基本的にbuy&holdとしているので『狼狽売り』などは全く考えてませんでした。むしろ、『この暴落は買いのチャンス!』と考え、2月中旬~下旬にかけていくばくか購入していきました。

2/28の時点で余裕資金は数十万あったので、それを3月に充て込む予定でした。

しかし、結局はFX/CFDに充当する事となってしまいました。

下落相場では、buy&holdの前提であれば買いのチャンス。そこをある程度実践できていたのは良いところだったかなと思います。

『いつまで買い続けるか』の計画が無く、結局資金をトラリピ/米国VIに充当する事になり、その後は何もできず見ているだけでした。

米国VI(GMOクリック証券のCFD)

こちら、夫婦で別々に運用しておりましたが、当初ロスカットレートは25程度にしておりました。 しかし、どんどん吹き上がるVI。。。

結局、資金投入し40までレートを挙げましたが、その後の急上昇に追い付かずあえなくロスカット。

ロスカット後に残った40万はすぐにトラリピに移動させる事としました。

・米国VIの吹き上がる数字を甘く見すぎていた。せめて、過去チャートを参考に設定すべきだった。(VIXショック時の数字を参考にする、など)

(3/21追記ここから)

結果的に、ロスカットされた事が奏功したかなと思ってます。(やせ我慢も入ってます。笑)
『トラリピに資金集中』名の元に、途中で資金入れるの辞めたので、それが良い意味で損切りになった部分もあります。

ロスカットの後、80まで跳ね上がっていたらしく、全然耐えられるはずありませんでした。
VI運用を参考にさせていただいていたあっきんさんでさえ。。。

私にはどうする事もできなかったですね。(遠い目)

(3/21追記ここまで)

トラリピ

2019年7月に始めて以降、幸運にも証拠金維持率低めでの運用ができておりました。一時は200%(レバレッジ12.5倍)程度まで落ち込む事があったものの、2019年末には500%(レバレッジ5倍)まで回復した事もあり、かなり楽観的にとらえておりました。

しかし、2月から徐々に維持率が下がっていきました。

2月末から現在までで130万超の追加入金をしましたが、それでも証拠金維持率は220%程度です。(レバレッジ11倍超)

現在はトラリピ設定をすべて解消し、ただ眺めている状態。。。

かなりレバレッジを高めの運用をしていたため、急激な相場の悪化に対応ができなくなった。大量資金を入れて耐えているが、ロスカットにおびえる日々。。。

(3/21追記ここから)

損切してトラリピからは一旦撤退としました。。。損失が痛すぎます。

しかも、損切り後に円安が進んだ(損益が改善できた)という何とも後味の悪い撤退。。。
今回のポイントとしては

どこまで資金を投入できるのか(≒どこまで下落に付き合えるのか)のプランがなく都度入金で『耐え凌いだ』気になってしまっていた。

たらればですが、相場がリバった際に撤退していれば、損失は40万程度に抑え込めてました。

下落局面において『計画の無い入金は無駄に損失を生み出すだけ』という事が身に染みて分かりました。正直、この現状がどれくらいの期間続くか分からない中、トラリピに割ける資金は少額すぎました。

だって、トラリピの第一人者である鈴さんでさえ、維持率めちゃめちゃ下がってますからね。

しかもこの後追加入金をされていたそう。リーマンショック級を想定して資金管理されていた鈴さんでさえこの状態なので、私にはどうする事もできなかったですね。(2回目)

損失するべくして損失しました。泣

(3/21追記ここまで)

スワップポイント積立

一方、こちらはレバレッジを800%-1000%で運用してました。(レバレッジ2.5-3倍程度)

正直、上のトラリピ/CFDと全然方針が違ってます。この理由は、始める際の事前調査で『レバレッジ目安は2-3倍』と調べがついていたのでそれに沿って運用できていました。

現在はレバレッジ5倍弱まで上がってきていますが、今のところは静観でもんだいなさそうです。

・『高金利通貨は価格のボラティリティが激しい』事が分かっていたため、レバレッジには余裕をもっておく事ができていた。
→とはいえ、これはトラリピや米国VIにも言える事でした。

今回の暴落で得たこと

まぁまだ暴落が終わったわけではないですが、冒頭に記載の通り『資金管理』の重要性を痛感しました。また、一貫性のない『何となくの運用』をしているなと実感。。。

また、レバレッジをかけている場合、『ロスカットの恐怖』があると、他の事が手につきません。。。精神的なところでも、資金管理は重要だと思いました。

株式運用の場合、『下落相場で買い進むメンタル』がある事は収穫でした!あとはどう購入していくかのルール決めをしていければいいかなと思ってます。

 

これからも頑張って耐え抜いていこうと思います!

ポチっと押していただけると嬉しいです(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと押していただけると嬉しいです(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ


FX(自動売買) 株式 資産運用 雑記
シェアする
muscle-investorをフォローする

PVアクセスランキング にほんブログ村

筋肉と資産の運用blog

コメント

  1. […] 暴落時の対応の振り返りと得たこと(暫定版)マッスルインベスターX(@mu… […]

  2. […] 暴落時の対応の振り返りと得たこと(暫定版)マッスルインベスターX(@mu… […]

  3. […] 暴落時の対応の振り返りと得たこと(暫定版)※追記部分は(X/XX追記ここ… […]

  4. […] ストレスなく運用するのが一番です。※FXのロスカット/損切も非常に辛かったです。。。 […]

タイトルとURLをコピーしました