ポートフォリオ損益公開(5か月目)

株式

やってきました定点観測。

コロナの拡大は国内では落ち着いてきて、相場も徐々に戻ってきていますね。
(ただ、ワクチン開発が完了した訳ではなく、各国中央銀行の施策によるところが大きいですが)

私のPFも相場回復で少なからず影響を受けております。

それではいきましょう!

株式資産報告(5か月目)

まずはサマリです。

評価額損益損益率
国内株式2,522,789178,1867.6%
海外株式2,697,183181,7137.2%
合計5,219,972359,8997.4%

また推移はこちら

評価額でいえば、2/10水準(おそらくコロナ前の各指数最高値近辺)に戻ってきましたね。
とはいえ、4か月分の積立があるので利益には大きな差があります。
(2月は19.1%、取得額にして40万円程度)

国内株式

Excelで集計中。評価額はwebクエリを使い自動取得しております。設定の仕方はこちらの記事で説明しております。

変更点としては

・積立NISA枠の銘柄、積立額見直し
・をしたけど楽天カード決済の積立銘柄ミス

本当はeMaxis slim全世界買いたかったのに、間違えて楽天全米インデックス買ってしまいました。泣

全体の傾向はあまり変わっておらず

・積立期間が長いもの程損益がよい(特定/NISA枠の『eMaxis』シリーズ)
 ※『slim』ではない
・個別株は下落相場で購入したアマナのみプラス。あと(JTとオリエンタルランド)は今年1月に買った銘柄なので耐え時

海外株式

こちらはPortfoio Checkerです。

引き続きETFを買い増ししております。

・QQQ(4→5、定期買付)
・VIG (4→5 、定期買付)
・SPYD(51→55、定期買付)

QQQ/VIGは購入ペースを落としました。なかなか個別株が売却できず、資金の捻出に時間がかかりそうだからです。(細かい話はポートフォリオ改造計画で説明しております。)

それにしてもAAPLとAMZN、NVDAは完全に息を吹き返しました。というかコロナ前水準以上。原則、個別株は売却の方針ですがこちらは引き続き保有予定です。

他、XOMや以前記事にて言及したRDSBSPYDなどはまだまだ株価回復には程遠く、長期戦になりそう。銘柄によって明暗の分かれているところです。

そして個人的に一番注目しているのはIRBTです。『ルンバ便利だし!』という理由で購入し、しばらく購入単価の半値近くの水準だったのですが、ここにきてかなり戻してきました!

NISA枠で購入しているのですが、少しでも利益出たら売却かなと。。。興味だけで株買うのはよくないなと勉強になりました。

配当金受け取り

9銘柄から計3,790円(税引き後受取額。107.81円/ドルで計算)でした!

・JPM:351 円
・PM:99 円
・AXP:209 円
・BND:30 円
・VZ:478 円
・T :404 円
・MO:1,435円
・AAPL:398円
・BTI :386円

 

今月度の報告は以上となります。

少し安心して見ていられた1か月でした。ただ、まだコロナの脅威は無くなった訳ではなくどう転ぶか分かりません。積立方針は変わらないので狼狽えませんが、注視していきたいと思います。

ポチっと押していただけると嬉しいです(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ
ポチっと押していただけると嬉しいです(^^)/
ブログランキング・にほんブログ村へ


株式 資産運用
シェアする
muscle-investorをフォローする

PVアクセスランキング にほんブログ村

筋肉と資産の運用blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました